厚生労働省より新型コロナウイルス感染症の影響によるアルバイト休業の際等に新たに受けられる支援として、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」が創設されました。
今回の制度は、中小企業で雇用されている労働者が休業手当を受けられなかった場合に、労働者から申請することで、受けられる支援となります。また、支援金・給付金は、雇用調整助成金と同様、学生アルバイトについても対象となっています。次のとおり制度の内容を掲載しますので、対象となる学生はご活用ください。

 

<制度概要>
新型コロナウイルス感染症の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、当該労働者の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金を支給します。

本制度は、主に次の2つの条件に当てはまる方に休業前賃金の8割(日額上限11,000円)を、休業実績に応じて支給する制度です。(事業主の負担はありません。)

①令和2年4月1日から12月31日までの間に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が休業させた中小事業主に雇用される労働者
②その休業に対する賃金(休業手当)を受けることができない方

<お問い合わせ先>
■給付金制度の詳細、給付金Q&A、申請書のダウンロードなど
厚生労働省新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金HPをご確認ください
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

■電話でのお問い合わせは厚生労働省コールセンターへ
  新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
  電話番号 : 0120-221-276
  受付時間 : 月~金 8:30~20:00 / 土日祝 8:30~17:15